2015年9月11日

ロケーションフリー

移転しても同じ番号を使い続けられます

sogyo_sti1

NTTの電話は(含む、ひかり電話)移転先が移転元と同じNTT収容局でなければ同じ番号を使い続けることはできません。会社移転などで電話番号を変えたくなければかなり狭い範囲に移転先が制限されてしまいます。 ABphoneにはこの様な制約はありません。東京都内、横浜市内はもちろん、他府県に転出しても東京03、横浜045を使い続けることができます。

sogyo_sti2

いつまでも社員一人、電話一本で済むのであれば家庭用電話のようにコードレス電話を一台入れておくだけでも済むかもしれません。 それでも社内に居ないときに電話が掛かってくると転送電話や留守番電話にするなどが必要になります。 従来のビジネスフォンは各事務所内にPBX(構内・電話交換機)を設置し、この様な機能を持たせていたのですが、これからのクラウドPBXは、PBX購入不要で、高額な工事の必要がありません。

sogyo_sti3

現在では多くの人が携帯電話やスマートフォンを保有しています。 ABphone PROプランなら、社員のスマホを内線として使用することができます。 もちろん電話料金は固定電話料金ですので安い通話料金で利用でき、かかってきた電話を外出している社員が直接出られるますのでビジネスチャンスも逃しません。

sogyo_sti4

クラウドPBX ABphoneであれば、支店の電話に本社で出ることも、本社の電話に支店で出ることも自由自在に構成できます。
ABphone同士であれば、本社も支店間も無料で通話できますし、電話機の移動にも工事費用がかからず電話機を持って移動先のインターネットに接続するだけで容易にできます。